スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度予算案、衆院通過―年度内成立が確定(医療介護CBニュース)

 2010年度予算案は3月2日、衆院本会議で民主、社民、国民新の与党3党などの賛成多数で可決され、参院に送られた。予算案は憲法の規定で、参院送付後30日以内に議決されない場合衆院の議決を優先して自然成立するため、年度内成立が確定した。

 10年度予算案は一般会計の総額が92兆2992億円で過去最大。社会保障関係費は27兆2686億円に上り、一般歳出53兆4542億円の約51%を占めた。また、来年度の税収の見通しは37兆3960億円に落ち込む一方で、新規の国債発行額は過去最大の44兆3030億円となる。

 厚生労働省分では、27兆5561億円(前年度25兆1568億円)を計上。このうち、医療分野には前年度比で4342億円多い9兆4594億円、介護分野には1104億円多い2兆803億円を充てている。


【関連記事】
社会保障関係費が5割以上―来年度予算案を閣議決定
医療・介護に11兆円―来年度予算案で厚労省
救急・周産期医療の支援に重点―医政局予算案
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
前年度比3.9%増の1兆7785億円―来年度老健局予算案

被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
<掘り出しニュース>第二の人生スタート祝い「かがやき熟年式」(毎日新聞)
藤川市議が7日街頭デビュー…進次郎氏とタッグ(スポーツ報知)
14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省(医療介護CBニュース)
議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で-菅財務相(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。